スマートフォン版サイト
価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪

特長

使用ステップの概要① 直接法による支台築造 ●下記のイラストは「クリアフィル®DCコア オートミックス ONE」を使用した場合の使用ステップです。●ご使用前には、必ず本品及び関連材料の添付文書お読み下さい。

  • 築造窩洞の形成根管形成・根管充填を行った後、X線写真等でポスト径を確認し、ピーソーリーマ―にてポスト孔を形成。
  • ポストの試適選択したポストにて試適。
  • ポストの長さ調節ダイヤモンドディスク等を用いて適切な長さに調節し、エタノールを染みこませたガーゼ等で汚れを拭きとります。
  • ポストの表面処理リン酸エッチング材を塗布、5秒後水洗・乾燥後、セラミックス処理材を塗布、乾燥。
  • ペーストの填入築造窩洞内にボンディング処理を行った後、支台築造用コンポジットレジンのペーストを填入。
  • ポストの植立本品の植立後、添付文書にしたがい所定時間光照射して固定。
  • ペーストの築盛・光照射ポスト周辺に支台築造用コンポジットレジンのペーストを築盛し、所定時間光照射。
  • 支台歯形成光硬化深度以上に築盛した場合は、6分以上静置してから、支台歯形成を行う。

使用ステップの概要② 間接法による支台築造●下記のイラストは「クリアフィル®DCコア オートミックス ONE」を使用した場合の使用ステップです。●ご使用前には、必ず本品及び関連材料の添付文書お読み下さい。

●通法にしたがい、根管形成・根管充填を行った後、築造窩洞の形成、印象採得等を行ってください。

  • 模型製作窩洞内にアンダーカットがある場合は、ワックス等であらかじめブロックアウトします。
  • ポストの長さ調節適切な太さのポストを選択し、試適。ダイヤモンドディスク等を用いて適切な長さに調節し、エタノールを染みこませたガーゼ等で汚れを拭きとります。
  • ポストの表面処理リン酸エッチング材を塗布、5秒後水洗・乾燥後、セラミックス処理材を塗布、乾燥。
  • ペーストの填入分離材を塗布した模型根管内に支台築造用コンポジットレジンのペーストを填入。
  • ポストの植立本品の植立後、添付文書にしたがい所定時間光照射して固定。
  • ペーストの追加築盛ポスト周辺に支台築造用コンポジットレジンのペーストを築盛。
  • 最終光照射最終光照射を行います。所定の光硬化深度以上の築盛量になる場合は照射後室温(23℃)において10分以上静置します。
  • 支台歯形成硬化後、支台歯形成します。完成したレジンコアは表面をサンドブラストし、洗浄後、歯科用セメント(「パナビア® V5」など)で窩洞に接着します。