スマートフォン版サイト
価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪

商品/特長

「歯質接着界面からの重合硬化」と「低重合収縮性」により、修復後リスクの軽減と辺縁漏洩を防止!

低重合収縮レジンだから1回でしっかり厚みが確保できる「バルクベース®」&「バルクベース® ハード」

低重合収縮レジンで収縮応力を軽減

LPSモノマーを配合することで、フロアブルレジンでありながら重合収縮率3%以下を実現しています。
低重合収縮レジンにより収縮応力が軽減され、窩洞適合性がより高くなります。

LPSモノマー®配合有無による窩洞適合性評価

  • バルクベース ハード(LPSモノマー配合)
    緊密に封鎖している

  • 試作フローペースト(LPSモノマー未配合)
    重合収縮によるギャップが認められる
LPSモノマー®で低重合収縮を実現!

歯科で一般的に多用されるモノマーと比較して、極めて小さい重合収縮率の「LPSモノマー」を採用することで、低重合収縮を実現しました。

モノマーの重合収縮率
モノマーの重合収縮率の表

※LPS = Low Polymerization Shrinkage

[サンメディカル(株)試験による]

高い硬化深度で4mmまで一括充填

深い窩洞に対しても、4mmまで一括充填できる高い硬化性により「バルク裏層」が可能になります。
さらに、「バルクベース ハード」は硬化性能が向上し、照射時間が10秒に短縮されました。

  • 硬化深度<実測値>のグラフ
    ※JIS規格により硬化深度は実装値の1/2となる
  • バルク裏層のイメージ
    チェアタイムの短縮! バルク裏層
たっぷり使える!
コストを低減

「バルク裏層」にふさわしくコストパフォーマンスに優れた大容量シリンジを採用しました。

フロアブルレジンとの比較写真

サンメディカル(株)フロアブルレジンと比較し、
約1.7倍の大容量シリンジ

臨床用途に応じたペーストの選択が可能
バルクベースの写真

●1級窩洞
●窩底部の凹凸が大きい窩洞
●裏層表面を平坦化させたい場合
など

バルクベース ハードの写真

●2級窩洞
●経過観察を必要とする症例
●小児歯科、訪問診療
など

■流動性と色調
流動性と色調の表

※ペースト抽出後、垂直にたて60秒後に撮影

■物性値
物性値の表

※1:LED照射器20秒照射 ※2:LED照射器10秒照射
※3:対アルミニウム

(サンメディカル(株)試験による)

X線造影性
X線造影時のイメージ
バルクベース ハード適用後

優れた歯質浸透力で高い接着性の「バルクベースライナー®」

BULK BASE Linerのイメージ
バルクベースシリーズ専用のライナー材

「バルクベースライナー」「バルクベース」および「バルクベースハード」専用の接着材です。
リキッド中の光重合開始剤に加えて、ライナースポンジの中にも親水性重合開始剤を吸着させているため、空気と水分が存在する歯質界面からも重合・硬化し、良質な樹脂含浸層を形成します。
エナメル質、健全象牙質はもちろん、う蝕影響象牙質に対しても高い接着性を示します。

バルクベースライナーの性能
バルクベースライナーの性能の表
微小引張接着強さ(37℃ 24hr 水中浸漬後)
(サンメディカル(株)試験による)
辺縁漏洩を防止する

窩洞の半分(左側)を「バルクベースライナー」で処理し、窩洞全体に「バルクベース ハード」を充填。その後、染色液に浸漬し、割断面を観察した。
結果、「バルクベースライナー」処理側は染色液の侵入が認められなかった。
「バルクベースライナー」を介し、歯質と「バルクベースハード」が強固に接着することで、辺縁漏洩を防ぎ、二次う蝕から歯質を保護します。

※:5%メチレンブルー水溶液

色素侵入試験
色素侵入試験の写真
(サンメディカル(株)試験による)