スマートフォン版サイト
価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪

臼歯の場合

Case of a Posterior
臼歯の場合

3ステップの簡単装着で「臼歯」治療をスムーズに

マトリックス、ウェッジ、リテーナーを装着するだけで充填可能。スピーディかつ審美的な臼歯部Ⅱ級窩洞のCR充填治療を進めることができます。

使用ステップ [Ⅱ級窩洞]
  • マトリックスフォーセップス挿入時のイメージ
    Step1

    窩洞形成後、歯牙の高さにあったバンドを選択しマトリックスフォーセップスを使用し挿入します。

    ポイント 基本的なバンドの向きは バンドの向き

  • 歯頸部をしっかり封鎖した際のイメージ
    Step2

    ウェッジを挿入し、歯頸部をしっかり封鎖します。

    ポイント この時点でバンドが動く場合、
    ウェッジのサイズを大きくします。


  • Step3

    窩洞形成後、歯牙の高さにあったバンドを選択しマトリックスフォーセップスを使用し挿入します。

    ポイント リテーナーはバンドに干渉しないよう大きく開きウェッジにかぶせるよう設置します。

症例紹介
  • 下顎左側第二小臼歯のう蝕のイメージ

    下顎左側第二小臼歯にう蝕が認められる。

  • コンポジタイト3Dシステム装着時のイメージ

    ラバーダム防湿し、窩洞形成を行い、コンポジタイト3Dシステムを装着する。

  • 仕上げ研磨後のイメージ

    接着処理後、マジェスティESフローによりコンポジットレジン修復を行う。形態修正後、仕上げ研磨を行う。

    (症例提供:秋本歯科診療所・秋本尚武先生)

コンポジタイト3Dシステムを推奨する適応症

  • おすすめ

    歯列不正の場合のイメージ
    歯列不正の場合
    犬歯・小臼歯間のⅡ級窩洞
  • おすすめ

    歯列不正の場合のイメージ
    一般的なⅡ級窩洞
  • おすすめ(難症例)

    歯列不正の場合のイメージ
    細くて広い/深いⅡ級窩洞
  • おすすめ(難症例)

    歯列不正の場合のイメージ
    大きなⅡ級窩洞
    何回かに分けた充填操作が必要

関連動画

  • 田代先生 2級CR充填ムービーのサムネイル
    マジェスティESフローとコンポジタイト3Dを用いたⅡ級窩洞CR充填のコツ

    浜松市ご開業の田代浩史先生による、マジェスティESフローとコンポジタイト3Dを用いた二級窩洞CR充填修復のステップ紹介です。

    動画はコチラ