Systerm Ergonomics

術者の安定した姿勢と 自由な動きを妨げない空間の確保
術者の安定した姿勢と
自由な動きを妨げない空間の確保
正確な指先のコントロールを行うには、バランスのとれた、自由度の高い、安定した姿勢が重要な要素です。術者の膝上や足先に十分なスペースがあり、自由な動きを妨げるコードや突起物は一切ありません。
自然な姿勢で、器具・ハンドピースの ピックアップ・リターン
自然な姿勢で、器具・ハンドピースの
ピックアップ・リターン
肘を動かすことなく、前腕を自然に右下に動かした所にハンドピースを配置でき、口腔内から視線を外すことなく自然な位置でピックアップ、リターンすることが可能です。
4ハンド治療時でも広い空間
4ハンド治療時でも広い空間
足元の空間を広く取れ、術者が患者さんに近付き易い形状のバックレスト形状で、9時〜3時ポジションでも患部を見やすい位置まで近付くことができます。
マイクロスコープの焦点距離微調整が フットコントローラーでも可能
マイクロスコープの焦点距離微調整が
フットコントローラーでも可能
チェアスピードをスロースピードモードに切替えることにより、マイクロスコープによる治療時の焦点距離微調整を、フットコントローラーで操作できます。焦点のブレやズレが起きにくく、常に安定した姿勢で効率の良い治療が行えます。