スマートフォン版サイト
お問い合わせ
≫
≪

Natural Operation Posture

スペースラインEX 使用イメージ
  • 自由な動きを妨げない空間を確保
    術者の安定した姿勢と
    自由な動きを妨げない空間の確保

    正確な指先のコントロールを行うには、バランスのとれた、安定した姿勢が重要な要素です。術者の膝上や足先に十分なスペースがあり、自由な動きを妨げる物は一切ありません。

  • U字型カーブ
    チューブの重みを軽減するU字型カーブ

    ハンドピースのチューブを、患者さんの肩口から出し、U字型カーブを描く形状にすることで、チューブ自体の重さを軽減し、指先へのストレスを少なくします。

  • インスツルメントの配置
    前腕の自然な動きでピックアップできる
    インスツルメントの配置

    ハンドピースを、肘を動かさず前腕を自然に右下に動かした所に配置しています。ピックアップとリターンが、自然で一定した動きのなかで行え、握り替える必要がありません。

  • 術者の自然な姿勢を保つ
    術者の自然な姿勢を保つ

    ヘッドレストには、術者が移動しても口腔との距離を保てるように丸みをもたせています。患者さんの頭部を左右に45º動かす場合も、耳を圧迫せず不快感を与えません。

  • キャビネットの配置
    診療を効率化するキャビネットの配置

    術者とアシスタントの円滑な連携作業が可能です。診療前の準備から診療後の後片付けまで、一連の作業が同じ場所で行えるため、余分な動きが少なくなり診療効率が向上します。

  • 作業ポジション
    バキューム操作と
    口腔外作業が同じポジション

    アシスタントは、口腔内補助作業と同じポジションのまま右に向きを変えるだけで、必要な器材の準備や、手渡しなどができるよう、口腔外作業のスペースも確保できます。

Ergonomics
人間工学

スペースラインEX 使用イメージ

術者と患者に求められる5つの動作
歯科診療は、診療内容により頭部や全身を動かしたり、または術者自身が場所を移動するなどの動きが必要になります。その動きは、次の5つにまとめることができます。

  • 術者の場所の移動
    術者の場所の移動
    (10:00 - 12:30 ポジション)

    作業点に対する術者の位置関係を決めるために必要な動きです。治療部位に応じて場所を移動することにより術者の肘が上がったり、上腕、前腕が不必要な緊張を持つことを防ぎます。

  • 患者頭部の左右の動き
    患者頭部の左右の動き

    治療部位により、患者さんの顔を左右に傾けることによって、術者の上体や頭部を傾けずに部位を見ることができます。

  • 患者頭部の前後の動き
    患者頭部の前後の動き

    上顎、下顎によって患者さんの頭部を前後に移動することで、見やすくなり、術者の上体が前傾したり、腕や手指に不自然な緊張が加わることを防ぎます。

  • 下顎の開閉
    下顎の開閉 (1横指 - 3横指)

    臼歯部頬側面の治療の際、必要なスペースと視野を確保するために患者さんの口輪筋を緩めるため開口度を1横指程度にすることにより手指に力が入ったり姿勢を崩すことを防ぎます。その他の部位では3横指の開口度にします。

  • 患者全身の上下の動き
    患者全身の上下の動き

    抜歯や形成など診療内容の違いによって作業点の高さを変えると、術者の上体や上腕、前腕、手、指が自然な姿勢を保てます。

Performance Logic
パフォーマンスロジック

  • ハンドピースのヘッド部の角度
    ストレスのない角度

    ハンドピースのヘッド部は、主軸部から直角になっています。主軸部もまた、先端より1/3程度の部分より15ºの角度がついています。ヘッド部と軸との角度が直角になっているのは、どの治療部位に対してもバーを直角に当てられるようになっているからです。また、保持する指先の空間を確保する役目も果たしています。適切な角度(空間)が得られないと先端のバーやポイントと切削部位との角度を正しく保つことが難しくなります。

  • コンパクトヘッドとスムーズボディ
    容易なアクセス

    コンパクトヘッドとスムーズボディが可能にするのは、大臼歯・智歯・開口の小さい患者さん等の、治療部位の視認性向上とスムーズなアクセス。対合歯への接触も低減します。

  • 患部の見易さ
    患部の見易さ

    髄室開口や、大臼歯の治療時にバーの先端が見え、水滴のかからない最適なミラー位置(タービンヘッドの真後ろ側)を確保できます。

  • スペースラインEX 使用イメージ
  • ノズルのかたち
    ノズルのかたち

    術者のミラーの清掃や歯面乾燥のときなど水やエアーの方向を定めやすいように、先端に角度をつけて視線の角度と一致するようになっています。

  • ハンドル部のかたち
    ハンドル部のかたち

    ハンドル部の大きさは、第1指を軽く伸ばし、第2指から第5指を軽く曲げたときにできる空隙に合わせます。チューブ部分を軽く保持するよう心掛けると、第1指だけでごく軽くシリンジの角度を変えることができます。

    自然な姿勢を保つボディとチップ角度

    アシスタントが、その基本姿勢を保ったままバキュームシリンジを操作できるように、シリンジのボディ部分とチップ部分の角度は90ºが最適です。途中に角度をつけることにより、どの部位への操作も不自然な姿勢になることはありません。