スマートフォン版サイト
価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪

特長

ハニカム型フィルター構造で透過性・耐久性が高く生体親和性と骨再生に優れたGBR用メンブレン

超精密で微細な穿通孔

孔径20µmの超微細な穿通孔を50µm間隔に配置することで栄養透過性を確保しつつ、周囲からの軟組織侵入を防ぎ、さらに骨由来の細胞が再生の足場として利用することができます。

穿通孔をハニカム区画内に配置

穿通孔はハニカム区画内に配置しているので膜の強度が高く変型や破断しにくい構造となっています。

膜厚はわずか20µm

組織再生のためのスペースを阻害しない膜厚で、非常に薄膜でありながら付形性が良く、欠損部位を被覆します。

中央部のフレーム構造

フレームあり、なしの2種類があり、フレームありは中央にフレームを配置することでより強度と付形性を高めています(サイズSはフレームありのみ)。
※「フレームあり」はフレームが内側(欠損部)にくるように設置します。

欠損部のサイズや形に合わせて、トリミングできます。
(フレーム部分はトリミングできない箇所があります。詳しくは添付文書をお読みください。)

Tiハニカムメンブレンの拡大イメージ

Tiハニカムメンブレン使用方法

  • Tiハニカムメンブレントリミング時のイメージ

    滅菌包装紙を利用し、骨欠損部に合わせ型紙を作製後、Tiハニカムメンブレンをトリミングします。

  • カットしたTiハニカムメンブレン試適時のイメージ

    カットしたTiハニカムメンブレンを試適します。

  • Tiハニカムメンブレンをスクリューピンで固定時のイメージ

    Tiハニカムメンブレンをスクリューピンで固定します。

  • 縫合時のイメージ

    適切な減張切開後に縫合します。

超微細な穿通孔が血清タンパクやミネラルを通し、
効率の良い骨再生が可能

Tiハニカムメンブレンは、レーザー加工された超微細な穿通孔が軟組織の侵入を防止しつつ、血清タンパクやミネラルといった骨再生に必要な成分を通すため、効率の良い骨再生が可能となります。
また、軟組織の侵入がほとんどないため、除去が容易に行えます。

Tiハニカムメンブレン利用時の骨再生イメージ
穿通孔のイメージ

大部分の細胞は穿通孔を足場とし付着増殖している。
穿通孔から細胞の通過は可能である。

Tiハニカムメンブレン内側のイメージ

Tiハニカムメンブレンの内側では、大部分で未熟な繊維芽細胞が穿通孔を足場に増殖しているが、外側からの組織侵入は認めなかった。
Bio industry 11 59-69,2016より引用