スマートフォン版サイト
価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪

接着技術

独自の接着技術 Secure MAtrix-Resin Technology

さらなる接着力・接着耐久性の向上と処理時間の短縮化(塗布後待ち時間なしで乾燥)、加えてセメント接着などの用途拡大を達成することを目的に、クラレノリタケデンタル(株)が接着技術を結集・統合し、新たに Secure※1 MAtrix-Resin Technology (SMART) を開発しました。

  • AMIDE 親水性アミド系モノマー配合

    親水性アミド系モノマーは、HEMA以上の高い親水性で歯によくなじみ、重合硬化性に優れ、重合硬化後も加水分解を受けにくい特長があります。

    塗布後の待ち時間なしで高接着

  • MDP リン酸エステル系モノマー「MDP®」配合

    クラレノリタケデンタル(株)独自技術で合成・精製された「MDP®」は、歯質やジルコニア等に対して優れた接着性・耐久性を示すことが報告されています。1).2)

    高い接着耐久性

  • Radical 高活性重合触媒技術

    「クリアフィル®メガボンド®2」と同じ光重合触媒技術に加えて、独自の化学重合促進剤配合。短時間光照射(高出力LED照射器)、ボンドのみで支台築造・セメント接着の歯面処理が可能です。※2

    光照射時間 3秒※3ユニバーサルユース

※1 Secure:しっかりとした、頑丈な
※2 「クリアフィル® DCコア オートミックス® ONE」や「SA ルーティング® プラス」/「SAセメント プラス オートミックス®」と併用時
※3 ペンキュアー2000 高出力モードの場合

参考文献
1)Y. Yoshida, K Nagakane, R. Fukuda, Y. Nakayama, M. Okazaki, H. Shintani, S. Inoue, Y. Tagawa, K. Suzuki, J. De Munck,
B. Van Meerbeek : J Dent Res, 83(6): 454-458, 2004
2)吉原 久美子, 長岡 紀幸, 吉田 靖弘: 接着歯学, 32 (3): 159, 2014
  • 被膜厚さ約5〜10µm
  • フッ素徐放性※4
    ※4 フッ化ナトリウム配合
  • 操作可能時間※5
    ※5 遮光下(25℃)
  • 相分離なし※6
    ※6 遮光下7分後