スマートフォン版サイト
≫
≪

特長

Features

ワイナビューマルチルーペ

  • ●ルーペを回転させることで倍率の変更が2.5X~3.0Xで可能(倍率に応じて作業距離、視野直径は変わります。)
  • ●ルーペ本体は取付バーとあわせて36gと軽量でワイナビューウイングフレームと組み合わせた総重量も64gと非常に軽量
  • ●ルーペの光軸を作業距離に合わせて調整可能
0回転

0回転

1回転

1回転

1.5回転

1.5回転

2回転

2回転

倍率 作業距離 視野直径
0回転 2.5X 500mm 140mm
0.5回転 約2.6X 450mm 125mm
1回転 約2.8X 400mm 110mm
1.5回転 約2.9X 350mm 95mm
2回転 3.0X 300mm 80mm

接眼レンズが大きい(φ13.8mm)
ので、視野が明るい。

レンズキャップ
ルーペレンズを保護します。

[ ルーペの合わせ方 ]
①瞳孔間距離(PD)調整の図
①瞳孔間距離(PD)調整

テレスコープ固定ネジを少し緩め、使用者の瞳孔間距離に設定します。

②瞳孔間距離の微調整の図
②瞳孔間距離の微調整

片目で物体を観察し、影が見えているようならその方向へ瞳孔間距離を微調整し、影の見えなくなった位置でネジを固定します。もう一方の目でも、同様に微調整を行った後、今度は、両眼で観察し、左右に影のないことを確認して、しっかりネジを固定します。

③作業距離と倍率の調整
③作業距離と倍率の調整

瞳孔間距離を調整後、作業距離と倍率を設定します。ルーペ先端部をCに回すと倍率が高くなり、作動距離が短くなります。Dに回すと倍率が低くなり、作動距離が長くなります。

④ルーペ光軸角度(視野方向)の調整
④ルーペ光軸角度(視野方向)の調整

作動距離に合わせてルーペ角度光軸(視野方向)の調節します。

※瞳孔間距離(どうこうかんきょり、英:Pupillary Distance)は、右目の黒点の中心から左目の黒点の中心の距離を測ったもの。

ワイナビューウイングフレーム

新開発の超軽量な日本人に合ったフレーム。ウイングによりフィット感に優れ安定します。

ヒンジ

ルーペの角度を常に一定の位置に戻せるシングルヒンジとメガネと併用の時におすすめのマルチヒンジがあります。また、LEDライトの取付も可能です。

シングルヒンジ

マルチヒンジ

ウィング
額にフィットすることで安定します。

メガネストッパー
フレームのズレを防止します。サポートコード止め位置の調整が可能です。

マルチルーペ

サポートコード

レンズキャップ

シールド
メガネ使用時には簡単に取り外しが可能です。

ノーズパット
長時間の使用に耐えるクッション性の高いノーズパット。また、眼に対するルーペの高さを簡単に調整できます。スタンダード、メガネ併用型の2種類があります。

(三段階高さ調整可)

受け部
スタンダード
メガネ併用型

ノーズパッドは眼鏡の内側に挿入します。