• ネット会員ログイン
  • ネット会員とは?
検索のヒント

HOME  >  2011年度 歯科イベント情報  >  近畿デンタルショー2011 レポート


4/9(土)、10(日)会場:京セラドーム大阪にて、「近畿デンタルショー」が開催されました。

CTコーナーでは、「3DX マルチイメージ マイクロCT」「ベラビューエポックス3D」を展示、さらにCTプレゼンコーナーを設置し、CTの3D画像を体験していただきました。

チェアコーナーでは、「LED搭載のオペレーティングライト」を装備した各種のチェアを展示、先生方がLEDの自然な明るさ、鮮明な視野など従来のハロゲンランプとの違いを確認されてました。
また、スペースライン「イムシアタイプ3UP」、シグノタイプG20」それぞれに「プレミアム」シートを展示しました。

切削コーナーでは、パワフルマイクロヘッドの広い視野とアクセス性が良い「ツインパワータービンシリーズ」を展示、操作性、切削力などを実際に削ることで体感していただきました。

レーザーコーナーでは、歯科用Er:YAGレーザー装置「アーウィン アドベール」展示、人にやさしいレーザー治療について、先生方が担当営業に熱心に質問されてました。

ご好評のDOC−5カルテシステムがさらにグレードアップして登場、「SOAPテンプレート」を提案しました。

材料コーナーでは新製品、コンパクト コードレス エンドドンティック モーター「トライオート mini」、電動式骨手術器械「ソニックサージオン300」、光学式う蝕検出装置「ダイアグノデント ペン」、対話型コミュニケーションソフト「メドバイザー デンタル」など数多くの新製品を展示しました。

輸入コーナーでは、歯科用電動式ハンドピース「クラウン・ブリッジ オートリムーバーSR」、汎用歯科用照明器「マイクロラックス トランスイルミネーター」など海外からの話題の新製品を展示しました。

pdコーナーでは、磯崎先生による「ミラーテクニックの基礎とマイクロスコープの活用」、クラレコーナでは、土師先生によるハイブリットセラミックス「エステニアC&B」「エプリコード」を中心とした技工相談コーナー、ミニセミナーコーナーでは、沢口先生による「新世代のグリシンパウダーとハンディジェットを用いた効率の良いPMTC」、など話題のデモ、講演会などが開催されました。

近畿デンタルショー テーブルクリニックでは、山本先生による「レーザー歯科診療は必要か?」というテーマで講演をしていただき、多くの先生方が熱心に聞いておられました。