• ネット会員ログイン
  • ネット会員とは?
検索のヒント

HOME  >  2011年度 歯科イベント情報  >  九州デンタルショー2011 レポート


6月11・12日「2011九州デンタルショー」がマリンメッセ福岡にて開催されました。

2日間で合計約11,604名の来場者で賑わいました。
九州デンタルショーで「Soaric」がDebut!
「ソアリック」は、人を大切にしたデザインとテクノロジーから生まれた歯科用チェアユニットです。
磯崎先生によるブース内セミナー「ミラーテクニックの基礎とマイクロスコープの活用」を開催させていただきました。
歯科用デジタルパノラマセファロCTX線装置「ベラビューエポックス3D」、歯科用直流方式デジタルパノラマX線装置「ベラビューIC5 FINE」を展示、さらにDOC-5コーナーでは、新しく「段取り力」を強力にサポートする「トリニティコア プロ」がデビューしました。

篠木先生によるブース内セミナー レーザーについての「アドベールそのエビデンスと臨床」が開催され多くの先生方が関心を持って聞いておられました。
その他ゼロサックバックが評判の「ツインパワータービン」を展示しました。

今話題の歯科用マイクロスコープ「ライカM320 F12デジタル」を展示、多くの先生方がLED照明とHDカメラ内蔵などの高機能を体感されてました。
天然歯に近いセラミックスを安心・簡単・低コストで提供する更にバージョンアップした「セレックAC」を展示、担当者に熱心に質問をされていました。

沢口先生によるブース内セミナー「新世代のグリシンパウダーとハンディジェットを用いた効率の良いPMTC」を開催させていただきました。
そして対話型コミュニケーションソフト「メドバイザーデンタル」、コンパクト コードレスエンドドンティックモーター「トライオートmini」、光学式う蝕検出装置「ダイアグノデント ペン」など評判の新製品を展示しました。