スマートフォン版サイト

「長期休暇時における機器類のお手入れについて」のご案内

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
年末年始の長期休暇を控え、お客様に現在ご使用いただいております機器類が、
新年からも快適にご使用いただけるようにメンテナンス方法をご案内いたします。

年末の最終日には、ガスや水道の元栓、電源はお切りになることをお勧めください(一部除く)。
電源プラグにほこりが溜まっている場合は、乾いた布で取り除いてください。

  • 自動現像器:「デンタルプロセサー FX」

    <富士フイルムメディカル㈱>
    液交換時は必ず電源を切り、液交換後に電源を入れてください。
    各処理ラック、処理液槽をよく水洗い後、確実に排水させてください。
    処理ラックはバット等に水を入れて浸けておいてください。
  • 自動現像器:「クレスピー」

    <㈱モリタ製作所>
    処理液槽内のフロートスイッチが水垢などで固着することがありますので、よく水洗いしていただいた後、各槽に規定量の水を満たしておいてください。処理ラックは水洗後本体に装着して保管してください。
  • 自動現像器:「クレスピーⅡ」

    <㈱モリタ製作所>
    各槽に規定量の水を満たし、処理ラックは水洗後本体に装着して保管してください。
  • オートクレーブ:「スマートクレーブ」

    <タカゾノテクノロジー㈱>

    オートクレーブ:「eクレーブ」「エフクレーブ」「EⅡクレーブ」

    <㈱モリタ東京製作所>

    オートクレーブ:「コスモクレーブ」「ルナクレーブ」

    <SK メディカル電子㈱>
    メーカー推奨のオートクレーブ清掃剤等でチャンバー内を清掃後、電源を切り水タンク内の水を確実に排水させてください。
  • オートクレーブ:「EXクレーブ」「EXクレーブⅡ」

    <㈱モリタ製作所>
    水またはアルコールを染み込ませた柔らかい布でチャンバー内を清掃後、水タンク内の水を確実に排水させてください。
  • オートクレーブ:「BC-17」

    <㈱IHIシバウラ>

    オートクレーブ:「IC Clave」

    <㈱IHIシバウラ>
    取扱説明書に従って清掃後、電源を切り給水・排水タンクの水を確実に排水させてください。
  • ウォッシャーディスインフェクター:「WD-150」

    <㈱IHIシバウラ>
    取扱説明書に従って清掃後、給水バルブを閉めドアを少し開けた状態で洗浄槽内が乾燥するようにしてください。
    再使用時には専用の洗浄剤で槽内を洗浄してください。
  • ウォッシャーディスインフェクター:「IC Washer」

    <㈱IHIシバウラ>
    取扱説明書に従って清掃後、給水バルブを閉めドアを少し開けた状態で洗浄槽内が乾燥するようにしてください。
    安全装置が作動しておりますので主電源スイッチは切らないでください。
    再使用時には専用の洗浄剤で槽内を洗浄してください。
  • JMスチームクリーナー「 JS2500」

    <パナソニックヘルスケア㈱>
    凍結による機器の破損及びボイラー内にスケール堆積を防止する為にドレンスイッチにより装置内の残留蒸気を排出後、水タンク内の水を確実に排水させてください。
    また、再使用時には、ボイラーの空焚き防止の為に取扱説明書に従って試運転をしてください。
  • リングファーネス

    炉内清掃をしてください。
  • ポーセレンファーネス

    吸湿防止のため、ステージを上昇させてください。
  • 除菌洗浄水生成器:「アシデント」「アクエス」

    <㈱モリタ東京製作所>
    添加液ボトル及び本体内の添加液を抜き、添加液タンクに水を入れ、約10分間連続吐水後、タンク内の水を抜いてください。
    尚、電解添加液は中和処理後、捨ててください。使用を再開する時は、必ず試運転を実施して下さい。
    ポンプのエアー抜き後、約10分間の連続吐水を行なってください。
    生成水が適正な有効塩素濃度になっているか塩素試薬セットにてご確認をお願いします。
  • ホルマリンガス殺菌器:「ホルホープデンタル」

    <㈱アスカメディカル>
    電源を入れたまま各液を確実に排液してください。30℃程度のぬるま湯をホルマリンタンクには50cc、中和液タンク、消臭液タンクには、500ccを入れて、数回流して清掃してください。清掃後、電源スイッチを切り、コンセントを抜いてください。
    薬液カウンターのリセット操作はご使用前に行ってください。
  • 設備機器について

    • - チェアは最下位まで下降させてください。
    • - 寒冷地では、除菌フィルター、ステラポアーの水抜きをしてください。
    • - コンプレッサーのドレンを排出させてください。
    • - ハンドピース類は指定された給油や洗浄を行ってから保管してください。
    • - 器械のメインスイッチと給水コックは必ず OFF にしてください。
    • - 機械室のコンプレッサー、バキュームモーター及びエアードライヤーのメインスイッチも OFF にしてください。
      特にコンプレッサーは圧が下がると自動的に回転を始めるため、回り続ける恐れがあります。
    • - 休み明けの診療開始時に、ユニット内のタービン、シリンジ等は、注水回路の残留水を放出するために空回転させてください。
    • - 水漏れ、ガス漏れ防止の為、診療室の元コックを締めて下さい。
  • デンタルオフィスコンピュータ DOC-5シリーズ

    作業に備え、トナーカートリッジや用紙在庫のご確認と共に早めの補充をお勧めください。
詳細につきましては、取扱説明書をご覧になるかモリタ営業担当にお問い合わせください。