スマートフォン版サイト

製品TOP

臨床例

撮影領域φ80×H80mmの高精細画像は、顎・顔面領域全体における硬組織(エナメル質、象牙質、歯槽骨)から軟組織(上顎洞粘膜、皮膚などの境界)までの、総覧的な精査・診断が可能です。

歯周病および根尖病巣
右上6番、7番に根尖周囲に歯槽骨の吸収像が認められる。

( 画像 : φ80×H80, 160μm 90kV, 6mA )

局所領域φ40 × H40mmの撮影は、照射線量が少なく、約90%の症例観察に対応できます。

顎関節変形症
関節結節に下顎頭が干渉して平坦化しているのが認められる。
また、下顎頭の前縁部に骨片が認められる。

( 画像 : φ40×H40, 80μm 90kV, 5mA )

画像提供:北千住ラジスト歯科i-VIEW 画像センター

インプラントの経過観察
右下6番相当部のインプラント経過観察。
インプラント埋入部位を関心領域に設定してズーム再構成
(ボクセルサイズ 80μm)を行った。

( 画像 : φ80×H80, 160μm 撮影後(90kV, 4mA)、
φ40×H40, 80μmのズーム再構成を行った。 )