スマートフォン版サイト

製品TOP

i-Dixel

統合画像処理ソフトi-Dixel

統合画像処理ソフトi-Dixelは、デジタルX線装置の画像や、口腔内写真などの画像処理と管理もできる統合画像処理ソフトです。
i-Dixelの多彩な画像処理機能により、2次元および3次元画像が持つ多くの情報を容易に引き出すことができます。

OneDataViewer、OneVolumeViewer

OneDataViewer、OneVolumeViewerは、
i-Dixelのインストールされていないパソコンで3D画像を表示するためのモリタ独自のソフトで、院外のパソコンでも高精細な3D画像が表示可能です。 さらに、OneVolumeViewerでは、ボリュームレンダリング画像の表示も可能です。(Windows対応)

リアルタイムスライス

ボリュームレンダリングとスライス画像がリアルタイムに連動し、目的部位への操作を容易にします。

ボリュームレンダリング

3Dで撮影したデータをボリュームレンダリングすることにより、立体的な画像の表示が可能です。

デンタルビュー(cMPR)

歯列弓に対する直交断面が観察できます。

その他の機能

XYZスライス表示
再スライス
距離表示・角度表示
ズームヒストグラム表示
DICOM対応

DICOM対応(オプション)

i-Dixelは、DICOM規格に準じたネットワーク環境の医療機関への導入が可能です。 DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)は、医療情報システム間でデジタルデータを通信したり、保存したりする方法を定めた国際標準規格です。DICOMにより医療画像機器をメーカーや器種の違いに関係なく使用でき、各種診断画像や検査情報を相互にやりとりすることができます。
また、HIS/RISとの連携によるシステム構築への配慮もされています。

i-Dixelは、以下のDICOM規格に対応

1. Modality worklist management service class
2. Storage service class
3. Modality performed procedure step service class
4. Print management service class

i-Dixel WEBはこちら