スマートフォン版サイト

製品TOP

ズーム再構成

ズーム再構成機能により、撮影した画像から局所領域のボクセルサイズ80μmの超高解像度3D画像が得られ、よりハイレベルな精査・診断が可能です。
すでに撮影した画像から再構成できますので、再撮影は必要ありません。
解像度は各撮影領域において、ボクセルサイズ80μm, 125μm, 160μmの選択ができます。

デフォルト設定 φ40×H40mm: 80μm
φ60×H60mm:125μm
φ80×H80mm:160μm
  • φ80×H80mm, ボクセルサイズ : 160μm

  • φ40×H40mm, ボクセルサイズ : 80μm

φ80×H80mmの画像上で、φ40×H40mm領域を選択し、ボクセルサイズ80μmの超高解像度のズーム再構成が可能です。

撮影原理
関心領域を中心に回転アームを約18秒で360°回転させながらコーンビームX線を照射します。 回転角度に対応したX線投影画像をFPDでデジタル信号化しコンピュータに送ります。
必要な補正を行い、画像再構成アルゴリズムにより3D画像を構築し、解像度の高い画像をディスプレイに表示します。

低被ばく線量
パノラマ撮影の約1.3倍* の実効線量です。頭頚部の一部を撮影対象とした時のCTDI/w値で比較すると、一般CTの1/16** 以下です。 (当社実測値に基づく)
さらに、撮影時間約9秒(180°回転撮影)の場合、被ばく線量は半減します。

  • ボクセルサイズ:160μm

  • ボクセルサイズ:80μm

φ80×H80mmの画像上で、φ40×H40mm領域を選択し、ボクセルサイズ80μmの超高解像度のズーム再構成が可能です。

ボクセルの等方性

ボクセルは立方体で、XYZすべての断面において、従来の医用CTでみられるようなスライスピッチやヘリカルピッチに起因するアーチファクトのない、高精細な画像が得られます。

ボクセル:三次元データの最小構成単位

*ICRP103に基づき算出。90kV, 3mA, Φ40×H40mmにおける下顎臼歯撮影時と、ベラビュー エポックスのフィルムパノラマ撮影時との比較による。

**90KV, 3mA, Φ40×H40mm, Dose ReductionモードにおけるCTDIw値と、ICRP Pub. 87付録Aに示される顔面と副鼻腔に対するCTDIwの診断参考レベルとの比較による。

関心領域をズーム再構成 80μmの解像力!

右上6番、7番の根尖周囲に歯槽骨の吸収像が認められた関心領域を指定してズーム再構成(ボクセルサイズ 80μm)を行い、さらに詳細な観察をした。

右上7番の近心頬側根の病巣と上顎洞との関係

右上6番の近心頬側根の病巣と上顎洞との関係

舌側にも、舌側孔を認めたので関心領域に指定してズーム再構成 (ボクセルサイズ 80μm)を行い、さらに詳細な内部構造を観察した。