製品情報インデックスカタログ請求

口腔内カメラ・新型ペンスコープ 臨床例

はっきり見えて、判りやすい患者さん自身の目で、お口の中を確認していただけます

見て理解し納得頂く

初期の段階から口腔内の状況を患者さんにわかりやすく説明できますので、患者さんの理解が深まり、治療への積極的な参加が期待できます。

初診やリコール時の口腔内診査・・・患者さんへの症状の確認

口腔内の問題点を患者さんにお話しても、なかなか理解して頂けないものです。しかし、患部の状態を画像でお見せすると容易に理解できるようになります。特に初診時、ペンスコープにより瞬時に問題のある部分を撮影し、説明することで信頼関係を築くことができます。

コンタクトカリエスの画像1

拡大

コンタクトカリエスの画像2

拡大

上顎大臼歯のコンタクトカリエスの画像です。大切な事は、
患者さんが原因を理解する事です。カリエスの部分だけでなく、周囲に付着しているプラークもはっきりと確認しやすくなり、患者さんは治療に積極的に参加するようになります。

ブラッシング指導・・・歯磨きチェック

ホワイトモード画像とブルーモード画像の比較説明により、ブラッシングの状況を確認しやすくなり、モチベーションを高めることが出来ます。

歯頸部の歯垢の画像1

拡大

歯頸部の歯垢の画像2

拡大

歯科治療の中でもブラッシング指導は、難しい治療のひとつです。まずは患者さんに歯垢を見ていただくことが第一歩です。手鏡などでは見え難い歯頸部の歯垢が観察し易いのがわかります。
プラークコントロール不良部位の画像1

拡大

プラークコントロール不良部位の画像2

拡大

矯正治療中、特にセラミックブラケットの場合付着したプラークは気づきにくいものです。ワイヤー交換時にプラークコントロール不良部位を撮影して見て頂くことで、モチベーションの維持に非常に効果的です。

治療方針説明後、実際の処置中に治療経過の画像が容易に撮影できますので、治療終了後の患者さんへの説明や、治療経過のメモ代わりなどに役立ちます。

治療経過の画1

拡大

治療経過の画2

拡大

治療経過の画3

拡大

ペンスコープはアングルワイダーやミラーを使用することなくハンドピース感覚で撮影する事が出来るので、術前、術中、術後、カリエスの大きさ・深さ・歯髄への近接などをストレス無く簡単に記録することが出来ます。

(1)主訴の確認

(1)主訴の確認

(2)カリエスと破折部分の確認

(2)カリエスと破折部分の確認

(3)破折片の除去

(3)破折片の除去

治療内容を説明することは重要ですが、このような複雑な処置の場合など患者さんに説明するのは、非常に困難です。ペンスコープでの画像を見せることで、簡単に理解して頂くことが可能です。


カクテル光線で鮮明な画像・・・ブルーモード

ホワイトLED とブルーLED の光をブレンド
4個のブルーLEDの光に2個のホワイトLEDの光をブレンドしたカクテル光線により、歯垢、歯石、う蝕、レジン充填部などの状態を映像として捉え、観察しやすい画像が得られます。

修復部の状態

拡大

ペンスコープの画像により、患者さんに修復部の状態、充填材のチェック、歯肉の検査、窩洞の観察や、通常見ることが難しい部位の状態などを詳細に説明できます。

いままで見るのが難しかったところまで確認できます

通常見るのが難しい部位の詳細な観察・・・患者さんの理解と納得を得る
疾患の状態や、術後の確認を大きく明るく見ることにより、治療の精度を上げるのに役立ちます。

通常見るのが難しい部位1

拡大

通常見るのが難しい部位2

拡大

通常見るのが難しい部位3

拡大

通常見るのが難しい部位4

拡大

(1) 術前の画像ではカリエスの範囲が確認でき、4番遠心と5番近心、咬合面にう蝕が認められます。
(2) レジン充填後、充填部の形態・マージンの適合性などを拡大した画像で確認することができ、さらにその修復部位を患者んに見せることで、審美性など治療の複雑性も理解していただけます。

プラークコントロール不良部位の画像1

拡大

プラークコントロール不良部位の画像2

拡大

狭い口腔内でも容易に操作できますので、デンタルミラーでは確認しにくい大臼歯などのクリアランスや咬合関係を確認できます。
根管孔の明示やクラックなども観察2

拡大

根管孔の明示やクラックなども観察1

拡大

デンタルミラーよりも明るく、大きな状態で写す事ができますので、根管孔の明示やクラックなども観察しやすくなります。