スマートフォン版サイト
価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪

臨床応用例

単冠・インレー

ライトボディ/ラピッド+ヘビーボディ/ラピッド

両症例とも患者さんの負担を軽減させるため、口腔内保持時間が少ないラピッドを選択した。ヘビーボディ及びライトボディを用いた一回法による印象採得。チェアタイムを短縮し、術者の負担も少ない。

流し込み印象

エクストラライトボディ/スタンダード+パテ/スタンダード

パテによる一次印象採得。一次印象は流し込むため、バーで予めトリミングし注入孔を作成する。フローが最も良いエクストラライトボディを注入孔から注入し、トレーを圧接して印象を採得する。硬化速度はスタンダードを選択。

インプラント

ライトボディ/ラピッド+レギュラーボディ/ラピッド

深部に及ぶ印象を必要としないため、レギュラーボディとライトボディを使用した一回法による印象採得。硬化速度はラピッドを選択。コーピングはSPI印象コーピング クローズド用。

エクストラライトボディ/ラピッド+レギュラーボディ/ラピッド

プロビジョナルレストレーションにより形成されたエマージェンスプロファイルと内縁上皮面の正確な印象採得を必要とする為、レギュラーボディとエクストラライトボディを選択。

義歯

エクストラライトボディ/ラピッド+ヘビーボディ/スタンダード

接着剤(JMシリコン アドヘーシブ)を塗布した個人トレーの辺縁部にヘビーボディを盛り上げ、口腔内に圧接し、機能運動を行う。余剰部を削除し、フローの良いエクストラライトボディを盛り上げ、口腔内に挿入して粘膜面の印象を行う。硬化速度はスタンダード(トレー用)、ラピッド(ウォッシュ用)を選択。

臨床仕様チャート

臨床仕様チャート

●臨床応用例はあくまでも一例です。症例に応じて使い分け下さい。