スマートフォン版サイト
価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪

コンセプト

Concept

2種類の粒度のダイヤモンドがコーティングされた、繰り返し使えるメタルストリップ。「コース」「メディアム」「ファイン」と、用途に応じて幅広く使い分けができます。

グリップストリップ使用イメージ

形態修正と研磨の両方が1本で行える

1本のストリップに2つの異なる粒度のダイヤモンドがコーティングされており、形態修正、研磨、仕上げなど、1本で2段階の作業が行えます。
バーやディスクが届かない部位のオーバーハング、余剰レジンの除去にも適しています。

<臨床写真ご提供> Dr. A. Devigus(スイス)

矯正時の細かな歯質の削合が可能に

「コース」は粒度が80μm/40μmと粗く、矯正治療時の歯牙移動スペースを確保するためなどの歯質削合(スライス)にも適しています。
手指操作でコントロールするので、曲面など形態の調整が容易です。
「コース」のダイヤモンドコート部はメッシュ状に小さな穴が開いているので歯質削合時の目詰まりを防ぎ、連続的に使用できます。

矯正治療時の上顎中切歯隣接面のスライス2)

<臨床写真ご提供>大澤勇人先生 大澤歯科(東京・目黒区開業)

用途に応じて選べる3タイプ

コース

矯正時の歯質削合やCR充填前の形態修正に適しています。

推奨用途

  • ● 矯正処置時の隣接面の削合
  • ● CR充填前の形態付与・形成
  • ● 余剰CRやオーバーハングの除去
  • ● CR充填後の隣接面・歯肉辺縁の形成

ダイヤモンドコート部の拡大

コースのみ、ダイヤモンドコート部がメッシュ状に穴が開いており、目詰まりを防ぎます。

拡大図
ミディアム

CR修復の形態修正や研磨、オーバーハングの除去に適しています。

推奨用途

  • ● CR充填後の形態付与・研磨
  • ● 余剰CRやオーバーハングの除去
  • ● 隣接面・歯肉辺縁の仕上げ形成
  • ● 矯正処置時の歯質削合・研磨

ダイヤモンドコート部の拡大

拡大図
ファイン

CR修復の仕上げ、最終仕上げに適しています。

推奨用途

  • ● 隣接面・歯肉辺縁の仕上げ形成
  • ● 隣接面の最終研磨
  • ● 隣接面のステインや変色の除去
  • ● 矯正処置時の削合後の最終研磨

ダイヤモンドコート部の拡大

拡大図

CRの充填時の使用例

1

中央のフリーミドルゾーンを歯間部へ挿入します。

2

必要に応じて80μm側ないし40μm側のより粗い研磨粒子面を用いて充填する部分の形態を修正します。

3

CR充填後、40μm側の研磨粒子面で形態修正・研磨します。歯間スペースが制限される際は15μmをまず使用します。

4

15μmの研磨粒子面を前後させて研磨します。8μm側で最終研磨をします。