スマートフォン版サイト
価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪

特長

オステルIDxでデータ管理するという選択

変化するインプラントの安定性を測定することは重要です

オステルIDxは、インプラント体の安定性を測定するための機器です。
インプラント体、またはアバットメントに装着するスマートペグを
用して、非接触でISQ値(インプラント安定指数)が測定できます。
測定されたデータは本体やクラウドに保存管理できます。

インプラント安定性の経時的変化


Features

治療のリスクを早期に発見
簡単な操作でISQ値を確認できるので、これをもとにインプラント荷重時期の計画を立てることができます。破折やクラウンの作り直しなどを予見し、リスク・無駄を回避することが可能となります。
迅速な治療方針の決定
初期段階から測定が行えるため、早期から十分な安定指数が測定された場合は、早期荷重をかけるかどうかの目安になります。また、荷重時に埋入時のISQ値と比較することで、治療を進行させるかどうか決定の指標となります。
「非接触」で測定可能
プローブから磁気パルスをスマートペグに発信し、共振周波数を測定することでISQ値を算出・表示します。直接インプラント体やアバットメントに器具を接触させないため、余分な衝撃を与えずに測定することが可能です。

患者登録機能
測定したデータは患者ごとに管理することができます。手術日やインプラントシステムの登録、埋入部位も指定することができます。

シンプル操作
本体の操作は、部位や画像をタッチすることで簡単に操作することができます。
データ管理機能
患者を選択して測定することで、経時的なデータを集積するので、過去から最新までのISQ値をグラフ化して表示できます。ISQ値の推移をビジュアル的に表示することで、患者への説明にも効果的です。
データの共有
本器をインターネットに接続することで、クラウド上にデータを保存できます。また専用のポータルサイト「Osstell Connect」にアクセスすることでどこでもデータを確認することが可能です。

操作は簡単、2ステップ

Step 1
スマートペグをインプラント体に連結します
スマートペグマウント(付属品)を用いて、スマートペグをインプラント体にねじ込みます。
※スマートペグはメーカーやインプラントサイズによりネジ径が異なりますので、各社・各サイズに応じたものをご使用ください。(別売)
Step 2
非接触で測定します
プローブから磁気パルスを発信。スマートペグとの共振周波数を測定し、安定性を数値で表示します。

ISQ値による安定性の評価
ISQ値(インプラント安定指数)は、RFA(共鳴振動周波数分析)法(注)を用いたもので、インプラント体の安定性を、1~100の数値で表します。ISQ値が高いほど、安定性が高いことになります。オステルIDxは、磁気パルスによってインプラント体に取り付けたスマートペグを共鳴させます。共鳴が生じる磁気パルスの周波数とインプラント体の安定性は相関しているため、インプラント体に器具を接触させることなく、客観的な安定性を数値で評価できます。
(注):RFA(共鳴振動周波数分析)方法は650報を超える科学論文で科学的に実証されている方法です。
詳細は www.ostell.com/scientific-forum を参照ください。

ISQ値とインプラント体安定性の指標