教えて!ビバリー先生!いまさら聞けない!?器具の洗浄/消毒/滅菌のお話

デンタルプラザ

Q7 消毒剤の効果って希釈方法(濃度)や時間、交換時期によってちがうのかなあ?【消毒】

ANSWER うん。ちがうよ。消毒剤(除菌剤)による消毒(除菌)効果は、希釈方法(濃度)・時間・温度の基本3要素はもちろんだけど、間違った交換時期による希釈液の劣化にも大きな影響をうけるんだよ。

つまりそれぞれ用途別に指定された適切な方法で使用することがとても大切なんだ。


ただし、交換時期に関しては液剤に交換時期の目安表示があるけど、消毒(除菌)する器材の量や汚れ具合などによっても劣化はまちまちになってくるよ。
それに液剤が汚れてくると、器材の再汚染の問題と洗浄効果や消毒(除菌)効果が落ちてしまうことが問題となるんだ。
だから液剤が汚れてきたら早めの交換が大事だよ。


また、希釈方法がわからないということもよく聞くんだけど、ウルトラ・クレンザイムや、ギガセプト インスツルAF、デンタボンは希釈方法がとても簡単click で他のスタッフへの伝達もスムーズにいくよ。

なるほど。交換時期も消毒(除菌)する器材の量や汚れ具合などによって変わるのね。

それに希釈するとき、どうやって量の計算をすればいいんだろうとか思っていて、
すごく苦手意識が強かったんだけど、
ウルトラ・クレンザイムやギガセプト インスツルAF・デンタボンはわかりやすくて助かるね。
新しく入ってくる後輩にも自信を持って教えられるわ♪

ビバティーちゃんのこれでバッチリ度! 100%