スマートフォン版サイト
価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪

Treatment Comfort

快適な診療環境とは
信頼感ー先進技術を取り入れたトレーやインスツルメントなどの治療機器は簡単な操作で正確かつスムーズな治療を実現します。
安心感ー乗り降りがより楽になり、さまざまな体格にフィット、また診療中の振動と騒音を削減したチェアは患者さんがより安心して治療を受けるお手伝いをします。
清潔感ー簡単な設定と操作で行うことができる日々のメンテナンスは、無駄を省いたデザインと相まって常に清潔で心地の良い環境を保ちます。

快適な診療環境とは

Patient Comfort

  • 患者さんへのやさしさ
    患者さんが乗り降りしやすい最低位380mm、背ずれを軽減するため起伏に連動して角度の変わる座面。身長に合わせ伸縮が可能なバックレスト、ヘッドレストは、小柄な患者さんから背の高い患者さんまで対応しています。シートは患者さんの体をやさしく包み込み、シート全体で体重を支えることで患者さんはリラックスして治療を受けられます。

  • スーパーショックレス

    スーパーショックレス
    起動、停止の動きをほとんど感じさせないスーパーショックレス機構は、上質な動きを提供します。

  • 頭部をやさしく支えるヘッドレスト / インフェクションコントロールに配慮した電動ヘッドレスト(オプション)

    頭部をやさしく支えるヘッドレスト
    ヘッドレストは、頭部のズレがほとんど無く、どの向きでも中央に安定し、左右の耳を圧迫しない形状です。患者さんの頭の位置に合わせて長さを調整できます。

    インフェクションコントロールに配慮した電動ヘッドレスト(オプション)
    フットコントローラーで操作可能な電動ヘッドレストも選択可能です。

  • 可動範囲の広い2軸ヘッドレスト(オプション)

    可動範囲の広い2軸ヘッドレスト(オプション)
    子供から大人まで、幅広い患者さんの頭部位置にフィットする可動範囲の広い2軸ヘッドレストは、より快適な診療ポジションを提供します。

  • 身体に合わせて伸縮可能なバックレスト(オプション) / 背ずれの少ないリクライニング機構

    身体に合わせて伸縮可能なバックレスト(オプション)
    患者さんの身体に合わせてバックレスト長を伸縮でき、子供から大人まで快適に治療を受けることが出来ます。

    背ずれの少ないリクライニング機構
    起伏時の背ずれを抑えるため、バックレストとシートが連動して動くリクライニング機構を採用しました。

  • ソアリック 使用イメージ

Universal Comfort

  • 乗り降りしやすい最低位 380mm

    乗り降りしやすい最低位 380mm
    シートの高さがわずか380mmでステップも無いため、お年寄りや子供の患者さんが乗り降りしやすくなりました。また、治療位置は自然で楽な姿勢での治療を実現できるように、高さ800mmまで上げることができます。

  • スライド式フットサポート(オプション) / アームレスト(オプション)

    スライド式フットサポート(オプション)
    治療中はリクライニングに合わせて出てくるフットサポートが、ステップの代わりに患者さんの足をやさしく支えます。

    アームレスト(オプション)
    患者さんが横からも乗り降りできるよう、アームレストは下方にスライドします。

  • ソアリック 使用イメージ

System Ergonomics

New PdW style

New PdW style
「人」を中心に考えられたトレーは、自然な姿勢と動きを妨げないよう術者側とアシスタント側に分けられ、柔軟性と広い可動範囲により、2ハンド、4ハンドの幅広い治療に対応します。

  • 術者の安定した姿勢と
    自由な動きを妨げない空間の確保

    正確な指先のコントロールを行うには、バランスのとれた、自由度の高い、安定した姿勢が重要な要素です。術者の膝上や足先に十分なスペースがあり、自由な動きを妨げるコードや突起物は一切ありません。

  • 自然な姿勢で、器具・ハンドピースのピックアップ・リターン
    肘を動かすことなく、前腕を自然に右下に動かした所にハンドピースを配置でき、口腔内から視線を外すことなく自然な位置でピックアップ、リターンすることが可能です。

  • 4ハンド治療時でも広い空間
    足元の空間を広く取れ、術者が患者さんに近付き易い形状のバックレスト形状で、9時~3時ポジションでも患部を見やすい位置まで近付くことができます。

  • マイクロスコープの焦点距離微調整がフットコントローラーでも可能
    チェアスピードをスロースピードモードに切替えることにより、マイクロスコープによる治療時の焦点距離微調整を、フットコントローラーで操作できます。焦点のブレやズレが起きにくく、常に安定した姿勢で効率の良い治療が行えます。