ショールーム 価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪

Microscope

マイクロスコープ 使用イメージ
マイクロスコープの焦点距離微調整が
フットコントローラーでも可能

チェアの昇降スピードをスロースピードモードに切替えることにより、マイクロスコープによる治療時の焦点距離微調整を、フットコントローラーで操作できます。焦点のブレやズレが起きにくく、常に安定した姿勢で効率の良い治療が行えます。

より高い精度の治療を可能にする
マイクロスコープ(オプション)

常に患者さんの口腔内に集中できるようにデザインされたSpacelineは、マイクロスコープによる治療に適しています。昇降時のブレが少なく、マイクロスコープマウント時には高い精度の治療を可能にします。

肉眼の限界を超えた「見える」を実現 - ウルトラロー鏡筒の特長 -

  • 動画のサムネイル

    集中した作業をするときの自然な姿勢と無理のない作業位置へと導く

    動画はコチラ

  • 動画のサムネイル

    接眼部~対物レンズの適切な距離が維持され、背筋が自然に伸び疲れにくい無理のない姿勢をキープ

    動画はコチラ

  • 動画のサムネイル

    対物レンズ~観察部位の距離を確保 手元を精密作業のしやすい高さに維持し、自然な作業位置へ

    動画はコチラ

  • 動画のサムネイル

    マイクロスコープをチェアにマウントすることで、空間を友好的に活用できます

    動画はコチラ

  • 動画のサムネイル

    モリタユニットのスロースピードモードなら、手を使うことなくフットコントロールで焦点距離の微調整が可能

    動画はコチラ

全シーン再生する(1分16秒)

「スペースライン EX ユーザーインタビュー」や「長期保証」についてご紹介
診療を より楽により正確に より早く pd style