スマートフォン版サイト
ショールーム 価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪

CT撮影領域

Various Fields Of View

多彩なFOVで局所から広範囲まで

局所から広範囲の撮影イメージ
Dental -Arch FOV (X700+ 3D)
多様な8つのFOV
Dental-Arch FOV など、計8 種類の幅広い撮影領域を持つことで、エンド、ペリオ、インプラントまで様々な症例に対応することができます。
コンパクト
撮影範囲が大きくなっても、設置スペースは従来のパノラマ/ セファロと同じコンパクトな省スペース設計です。
Dental-Arch FOV
(歯列弓型撮影領域) を搭載

歯列弓にフィットさせた、Ø100相当の撮影領域(FOV)を実現。
より少ないX 線量で全歯列の撮影を可能にしました。

FOV(歯列弓型撮影領域)
高解像度 ボクセルサイズ125μm*
歯周から歯根膜空隙、歯槽骨の状態などの観察が可能です。
Dose Reduction 機能
X線の透過しやすい部位への照射線量を下げて撮影することで、患者さんへの照射線量を最大40%低減** します。
軟組織( 上顎洞粘膜、皮膚などの境界)がよりクリアーになり、歯によるアーチファクトも低減** します。
Ø80,Ø40 FOV の時。
ノーマルモードとの比較。
CT撮影領域 正面 CT撮影領域 上
FOV ボクセルサイズ
Ø 40 × H 40 0.125 mm
Ø 40 × H 80
Ø 80 × H 40
Ø 80 × H 50
Ø 80 × H 80
R100 × H 40*** 0.160 mm
R100 × H 50***
R100 × H 80***
*** R100: Dental Arch FOV(Ø100 相当)

CT Positioning with Scout

パノラマからCT撮影を自動位置付け

パノラマ画像
パノラマ画像
軸位断面像
軸位断面像
パノラマ画像上のクロスマーク
パノラマスカウト
パノラマ画像上で関心領域を指定することで、簡単に小照射野CT撮影時の位置付けと撮影が可能。患者さんへの負担を低減します。
CT撮影後は、パノラマ画像上のクロスマークをダブルクリックすると、その領域のCT画像が表示できます。
矢状断面像
矢状断面像
前頭断面像
前頭断面像
2方向スカウトの写真
2方向スカウト
側面と正面の2方向からスカウト撮影を行い、画像上で関心領域を指定することで、正確に小照射野撮影時の位置付けとCT撮影が可能です。
アナログX線装置をお使いの先生へ デジタル機器が創り出す 環境も経営にもやさしい歯科診療のお話