スマートフォン版サイト
価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪

パノラマ

Panoramic

パノラマ撮影

パノラマ画像

AFP + AGS + AIE-HD

全域に渡って読影しやすいパノラマ画像

全域に渡ってフォーカスの合った画像を取得できるAFP(全顎自動焦点補正)機能にAGS(自動濃度強調)機能、AIE-HD(オートイメージエンハンサー)機能を合わせることで、求められる部位を観察しやすい画像にして提供します。また、患者さんの歯列形態に合わせて選択できる3種類の断層軌道を搭載しています。

1.断層撮影により得られる複数の画像

断層撮影により得られる複数の画像

2.フォーカスの合っている部分を抽出し全域でフォーカスの合った画像を取得

フォーカスの合っている部分を抽出し全域でフォーカスの合った画像を取得

小児パノラマ

小児パノラマ

お子様や顎の小さい患者さんの場合、撮影範囲を小さくし、照射線量を低減します。

直交パノラマ

直交パノラマ

X線入射を歯列に対して直交させることで、隣接歯の重なりが少ない画像が得られます。

直交パノラマ

顎骨パノラマ

顎骨パノラマ

下顎枝の障害陰影の少ない画像が撮影できます。

顎骨パノラマ

AGS(自動濃度強調)機能

AFP + AIE-HD (AGS OFF)

AGS(自動濃度強調)機能

AFP + AIE-HD (AGS ON)

AGS(自動濃度強調)機能

歯列、顎骨、顎関節など、パノラマ画像の全領域が観察しやすい濃度に自動調整できます。

AFP(全顎自動焦点補正)機能

AIE-HD (AFP OFF)

AFP(全顎自動焦点補正)機能

AIE-HD (AFP ON)

AFP(全顎自動焦点補正)機能

断層撮影により得られる厚みを持ったデータから、全ての位置で最もフォーカスの合う部分の抽出を行い、
根尖部から切端部まで全域に渡ってフォーカスの合った画像を得ることができます。

AIE-HD(オートイメージエンハンサー)機能

AFP + AGS (AIE-HD OFF)

AIE-HD(オートイメージエンハンサー)機能

AFP + AGS (AIE-HD ON)

AIE-HD(オートイメージエンハンサー)機能

パノラマ画像に最適化した画像処理を行うことで、細部までくっきりとした画像を表示します。

DDAE(デジタル ダイレクト オート エクスポージャー)機能

撮影中にFPDで検出した透過X線量をリアルタイムにフィードバックすることで、X線量を最適条件にコントロールし、画像のダイナミックレンジを向上させます。

DDAE(デジタル ダイレクト オート エクスポージャー)機能

歯列形態に合わせた断層軌道

患者さんの歯列形態に合わせて、3種類の軌道から選択が可能です。

  • スタンダード
    スタンダード
  • ナロー
    ナロー
  • ワイド
    ワイド