• ネット会員ログイン
  • ネット会員とは?
検索のヒント

HOME  >  2012年度 歯科イベント情報  >  第35回 中部日本デンタルショー2012 レポート


ドイツのiFデザイン賞(iF design award 2012)の金賞を受賞したチェアユニット「ソアリック」が展示され、その優れたデザインに多くの来場者の注目を集めていました。

また、新製品の可搬式歯科用ユニット「ユーティリオ」をはじめ、たくさんの製品を来場者にご覧いただきました。


12月に新発売された歯科用デジタルパノラマ・CT X線撮影装置「ベラビューエポックス 3Df」が展示され、新搭載されたより少ない照射線量で全歯列の撮影を可能にするDental-Arch FOV(歯列弓型撮影領域)に注目が集まりました。

また、新製品の患者プレゼンテーション用ソフト「トリニティコア プロ」など院内ネットワーク等の説明を受け、多くの来場者がデジタル製品の導入などを検討されていました。

12月に新発売された話題の新製品、Er:YAGレーザー装置「アーウィン アドベール Evo」、天然歯に近いセラミックスを安心・簡単・低コストで提供する「セレックAC」など患者さんにやさしい製品を多くの来場者が実際に手にとって体験されました。

水溶性カルシウム<POs-Ca>+緑茶エキス(フッ素含有)配合のグリコのデンタルガム「Pos-CaF(ポスカ・エフ)」、フルオートタイプの小型包装品用高圧蒸気滅菌器「スマートクレーブ」、歯科技工用マイクロスコープ「ライカA60S」をはじめ、多数の新製品が展示され、実際に操作されるなど来場者の方々は高い関心を持たれていらっしゃいました。


麻生昌秀先生による「ミラーテクニックの基礎とマイクロスコープの活用」、大澤勇人先生による「‘TrinityCore’を使って患者さんのモチベーションアップを目指す!!」、深川優子先生による「予防をリードするダイアグノデントペンの活用方法」の全3種類のブース内セミナーを開催しました。

多くの来場者が最新の情報を熱心に聞いておられました。