スマートフォン版サイト
価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪

特長

One Body System ワンボディシステム ~単層で製作するシンプルなシステム~

ワンボディシステムとは

オペークレジン(プレオペーク(PO)及びオペーク(UO又はWO))を塗布し、ボディレジン(ボディ(UB又はWB))を築盛・重合した後、形態修整を行い、研磨のかわりにカラーコートにより仕上げる方法です。

  • ワンボディシステムの色調表現方法
  • 1. オペークレジン(PO及びUO又はWO)
    前装部の金属色を遮蔽します。
  • 2. ボディレジン(UB又はWB)
    本品のみで最終的な歯冠形態を回復します。
  • 2. ボディレジン(UB又はWB)
    (A+、B+又はC+)指定のシェードに従い歯頸部寄り2/3に塗布します。
    (クリアー1)切端から歯頸部にかけて薄く塗布します。

ワンボディシステムの特長

  • 1. シンプルな構成
  • 2. シンプルなステップ
  • 3. 優れた表面滑沢耐久性
1

シンプルな構成

13シェードを、2組のオペークレジン、ボディレジンと3色のカラーコートの組み合わせで製作。
13シェードを、2組のオペークレジン、ボディレジンと3色のカラーコートの組み合わせ表
POINT 少ない構成品で幅広い色調に対応
1

シンプルなステップ

専用のボディレジンで歯冠形態を回復し、カラーコートで色調を表現するシンプルなステップ。

オペークプライマーで処理、
オペークレジンを塗布・重合し、
ボディレジンを築盛し
歯冠形態を回復したところ

ボディレジンの単層築盛
ワンボディシステムで使用するボディレジン(UB又はWB)は、天然歯の象牙質・エナメル質の中間の光拡散性と透明性に設定しているため、単層築盛にて適度な透明性、質感の表現が可能です。
■ボディレジンの透明性
測定条件:測色装置:
分光測色計[CM-3610d](コニカミノルタ(株)) 測色条件:光源(F11/2),範囲(φM),背景(隠蔽紙[H100](太佑機材(株))
評  価:
厚み1mmの硬化物の白, 黒背景のL*値の差(ΔL*(W/B)) 重合条件:測色用で使用しているスライドプロジェクターで2分間照射を2回(表裏)。

●弊社測定のデータ:条件等により数値は異なります。


カラーコートプライマーで処理、
カラーコートを塗布・重合したところ

カラーコートによる色調表現
硬度と耐摩耗性に優れたカラーコートは塗り重ねる厚みにより、容易に色調表現が行えるよう設計されています。
STEP カラーコートプライマー[シランカップリング剤を配合しており、カラーコートとボディレジンを強固に接着させます。] → カラーコート[多官能アクリレートと表面処理シリカ系マイクロフィラーを配合した、光重合型コンポジットレジンでレジン表面の滑沢性付与、色調調整、及びキャラクタライズに用います。]

写真提供:Dental Lover Roots 川内大輔先生

POINT 単層だから気泡が入りにく!
1

優れた表面滑沢耐久性

カラーコートは多官能アクリレートと表面処理シリカ系マイクロフィラーを配合しているため、「ダイナシール®」に比べ、優れた硬度と耐摩耗性を有しています。更に、シランカップリング剤を配合したカラーコートプライマーを併用することにより、カラーコートとボディレジンが強固に接着されます。そのため、口腔内における経時的な摩耗や剥離が生じにくく、表面滑沢性が保たれます。
ボディレンジに対する接着強さのグラフ

測定条件:鏡面研磨面、オートグラフAG-I 100kN((株)島津製作所)、クロスヘッドスピード2mm/min

●弊社測定のデータ:条件等により数値は異なります。

カラーコートの滑沢耐久性

ホワイト&ホワイトライオン(ライオン(株))の40wt%水スラリーに浸漬後、歯ブラシ(ビトイーンライオンレギュラー・ライオン(株))で250g荷重下にて往復40,000回実施。
●印刷のため実際の色調と異なる場合があります。
●弊社測定のデータ:条件等により状況は異なります。

POINT ツヤが長持ち!