歯科用シーリング・コーティング材 ハイブリッドコートⅡ | Hybrid CoatⅡ 操作手順

1.混合
2.塗布・エアーブロー コートブラシによる混合液の塗布(20秒間)
エアーブロー
3.光照射
4.未重合層の除去 アルコール綿球による未重合層の除去
5.マージンの調整 ベベル付与のためエナメル質をダイヤモンドポイントで再形成
6.仮封 印象採得後、レジン系仮封材を使用する場合は分離材を塗布します。
このページのトップへ

支台歯形成面への使用例

1.混合
2.塗布・エアーブロー コートスポンジによる混合液の塗布(20秒間)エアーブロー
3.光照射
4.未重合層の除去 アルコール綿球による未重合層の除去
5.マージンの調整
6.仮着 レジン系仮封材は、コーティング面に接着することがあるため、グラスアイオノマー系仮着材などをおすすめします。