Webinar

[WEBINAR] 1本で色調再現!新しいコンセプトのフロアブルCRを臨床で使いこなすコツ

コンポジットレジン修復の新しいスタンダードとなりうる「クリアフィルマジェスティESフローUniversal」を臨床で使いこなすコツやポイントと、CR充填に関する3人の講師陣から其々のテーマについてご講演頂きます。既にご導入の先生や、現在ご検討いただいている先生方、是非ともご参加ください。

クリアフィル® マジェスティ® ESフロー(Low) [Universal]
  • 第1弾
    2021.10.18 mon
    10.31 sun

    脇 宗弘先生
    大阪府大阪市開業

    1965年
    大阪市生まれ
    1990年
    大阪歯科大学卒業
    1992年
    大阪市阿倍野区にて脇歯科医院開設

    日本臨床歯科医学会 会員京都支部相談役
    阿倍野歯科医師会 副会長
    阿倍野区学校歯科医会 監事
    大阪市非常勤歯科医師
    モリタ実践歯科臨床プラクティス
    コースインストラクター

  • 第2弾
    2021.11.22 mon
    12.5 sun

    田代 浩史先生
    静岡県浜松市開業

    1999年
    東京医科歯科大学歯学部 卒業
    2000年
    DES歯学教育スクール保存修復学担当講師
    2003年
    東京医科歯科大学大学院 修了
    歯科用高性能接着剤の研究にて博士号を取得
    2003年
    田代歯科医院(浜松市) 開業
    2020年
    国立大学法人
    東京医科歯科大学 臨床教授
  • 第3弾
    2022.1.17 mon
    1.30 sun

    江川 光治先生
    福岡県福岡市開業

    1992年
    北海道大学歯学部卒業
    1992年~ 1997年 
    福岡市で開業医に勤務
    1997年~ 1999年
    長崎県小値賀で勤務
    1999年
    福岡市にて開業
    2004年
    医療法人ブランエボー開設

一般的名称:歯科充填用コンポジットレジン 医療機器分類:クラスⅡ 管理医療機器 医療機器認証番号:224ABBZX00170000 製造販売:クラレノリタケデンタル株式会社

  • 第1弾配信期間 2021.10.18 mon ~ 10.31 sun

    フロアブル コンポジットレジンの臼歯部における有効活用

    近年の接着修復材料の進歩は目覚ましく、とりわけコンポジットレジンやボンディング材の性能は、年々アップデートされてきている。MIコンセプトの浸透と合いまって直接法コンポジットレジン修復は、エビデンスベースな術式が確立され機能的には臨床上で第一選択とされるにまでなってきている。審美的側面においても昨今トレンドとされるユニバーサルシェードのコンポジットレジンの出現により色調再現が容易に行えるようになってきた。このセミナーでは、臼歯部に焦点を絞り高強度フロアブルコンポジットレジンの臨床活用を紹介したい。

    セミナー講師
    脇 宗弘先生
    大阪府大阪市開業

  • 第2弾配信期間 2021.11.22 mon ~ 12.5 sun

    色調再現の効率性を高めるフロアブルレジンの新しい選択肢

    審美性が重要視される前歯部コンポジットレジン修復において、CRの色調選択が修復の完成度を大きく左右する。一方で、保険診療でのCR修復の評価を考慮すると、一連の修復操作に費やすことのできる時間には制限がある。このような状況での前歯部CR修復において、効率よく審美性を獲得できる可能性を秘めた新規ユニバーサルシェードコンセプトのフロアブルレジン「ESフロー Universal」の臨床応用について、症例を交えて解説したい。

    セミナー講師
    田代 浩史先生
    静岡県浜松市開業

  • 第3弾配信期間 2022.1.17 mon ~ 1.30 sun

    コンポジットレジン修復を形態と光透過性の観点から考える

    コンポジットレジンは臨床で最も使用頻度の高い修復材料である。コンポジットレジン修復治療を成功に導くためには、歯と修復材料における形態と色調の理解が必要である。本セミナーではサイズ感・隆線・隅角・表面性状などの形態的な側面と、明度・彩度・色相・光透過性などの色調的な側面について新規ユニバーサルシェードレジンである「ESフロー Universal」の使用例を交えて説明したい。

    セミナー講師
    江川 光治先生
    福岡県福岡市開業

お問い合わせ

配信期間
第1弾2021.10.18 mon ~ 10.31 sun
※申込期日 10月22日(金)
第2弾2021.11.22 mon ~ 12.5 sun
※申込期日 11月26日(金)
第1弾2022.1.17 mon ~ 1.30 sun
※申込期日 1月21日(金)
参加費
[第1弾][第2弾][第3弾] それぞれ
※振込手数料は振込側ご負担をお願いいたします。
※お振込みの控えをもちまして、領収書に代えさせていただきます。
※配信期間開始後のキャンセルによる参加費の返金はいたしかねますのでご了承ください。
※当WEBセミナーの受講は、お申込みいただいたご本人限定とします。
※当WEBセミナーの録画、録音、撮影など、一切の記録や複製によるアップロードなどの配信を禁止します。
お申込み後
の流れ
お申込み後の流れ
※メールが届かない場合は、下記お問合せ先にご連絡ください。
※事前収録の配信となりますので、ご質問は参加方法に関するご案内メール内に記載のフォームにて受付、後日回答いたします。。 主催 モリタ友の会
お問合せ
株式会社モリタ大阪本社セミナー係
TEL 0120-988-29 または 06-6338-7146 FAX 03-3834-4076
MAIL morita-seminar@morita.com
受付時間:9時から17時(土曜・日曜・祝日除く)
  • 第1弾配信期間 2021.10.18 mon ~ 10.31 sun

    フロアブル コンポジットレジンの臼歯部における有効活用

    近年の接着修復材料の進歩は目覚ましく、とりわけコンポジットレジンやボンディング材の性能は、年々アップデートされてきている。MIコンセプトの浸透と合いまって直接法コンポジットレジン修復は、エビデンスベースな術式が確立され機能的には臨床上で第一選択とされるにまでなってきている。審美的側面においても昨今トレンドとされるユニバーサルシェードのコンポジットレジンの出現により色調再現が容易に行えるようになってきた。このセミナーでは、臼歯部に焦点を絞り高強度フロアブルコンポジットレジンの臨床活用を紹介したい。

    セミナー講師
    脇 宗弘先生
    大阪府大阪市開業

  • 第2弾配信期間 2021.11.22 mon ~ 12.5 sun

    色調再現の効率性を高めるフロアブルレジンの新しい選択肢

    審美性が重要視される前歯部コンポジットレジン修復において、CRの色調選択が修復の完成度を大きく左右する。一方で、保険診療でのCR修復の評価を考慮すると、一連の修復操作に費やすことのできる時間には制限がある。このような状況での前歯部CR修復において、効率よく審美性を獲得できる可能性を秘めた新規ユニバーサルシェードコンセプトのフロアブルレジン「ESフロー Universal」の臨床応用について、症例を交えて解説したい。

    セミナー講師
    田代 浩史先生
    静岡県浜松市開業

  • 第3弾配信期間 2022.1.17 mon ~ 1.30 sun

    コンポジットレジン修復を形態と光透過性の観点から考える

    コンポジットレジンは臨床で最も使用頻度の高い修復材料である。コンポジットレジン修復治療を成功に導くためには、歯と修復材料における形態と色調の理解が必要である。本セミナーではサイズ感・隆線・隅角・表面性状などの形態的な側面と、明度・彩度・色相・光透過性などの色調的な側面について新規ユニバーサルシェードレジンである「ESフロー Universal」の使用例を交えて説明したい。

    セミナー講師
    江川 光治先生
    福岡県福岡市開業

お問い合わせ