スマートフォン版サイト
価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪

特長

クリアフィル メガボンド FA

2ステップのセルフエッチング型ボンディングシステム

プライマー

● 抗菌性モノマーMDPBを配合

機能

歯質を脱灰(セルフエッチング)

  • スメア層の溶解
  • 凸凹を利用した機械的嵌合

歯質への浸透

  • ボンドの浸透を誘導
  • 接着性モノマーの拡散
成分

モノマー(HEMA、MDP)、抗菌性モノマーMDPB※1、精製水、光重合触媒、着色剤、その他

※1本品は抗菌性モノマーMDPBが含まれますが、2次う触抑制効果は臨床的に実証されていません。

親水性のクリアフィル メガボンド FA
疎水性のクリアフィル メガボンド FA

ボンド

● 表面処理フッ化ナトリウムを配合

機能

強固な被膜の形成

  • ボンド中へのマイクロフィラーの分散による強固なボンド層の形成(脱灰された歯質のコーティング)
成分

フィラー(シリカ系マイクロフィラー、表面処理フッ化ナトリウム)、モノマー(Bis-GMA、MDP、HEMA、その他)、光重合触媒、その他

Antibacterial monomer(プライマーに抗菌性モノマーMDPBを配合 )

抗菌性モノマーMDPBを配合

MDPBは代表的な抗菌剤である塩化セチルピリジニウムに類似した
抗菌部位と重合部位を併せ持ったモノマーです。
重合前に抗菌性を発現し、重合硬化後は抗菌性を発現しません。
 

抗菌性モノマー:MDPBの分子構造
塩化セチルピリジニウム(CPC)の抗菌性メカニズム

幅広い菌に抗菌性があるといわれる塩化セチルピリジニウム(CPC)ではマイナスに帯電しているバクテリアの細胞膜に抗菌剤のプラス電荷が接触することにより、バクテリアの電荷バランスが崩れ、細胞膜が破壊されると考えられています。

塩化セチルピリジニウムの抗菌性発現機構(イメージ図)

Fluoride releasing filler(ボンドに表面処理フッ化ナトリウムを配合 )

表面処理フッ化ナトリウムを配合

配合された表面処理フッ化ナトリウムからフッ素が徐放されます。更にフッ素イオンを放出した後も、安定した構造が維持されます。

フッ素イオン放出のイメージ
フッ素徐放量

※クラレノリタケデンタル(株)測定のデータ:条件などにより数値は異なります。

優れた接着耐久性

接着性モノマーMDP配合

「クリアフィル® メガボンド® FA」はこれまでクリアフィルシリーズのボンディング材に採用実績のある接着性モノマーMDPを採用しているため、優れた接着耐久性を有しています。

接着性モノマーMDPの分子構造

接着性モノマーMDPは歯質を脱灰しながら、同時にハイドロキシアパタイトやカルシウムと高い親和性を示すことが知られています。さらに、水分の存在下でも安定しており耐久性に優れることが報告されています。そのため、同物質を含有する本製品により形成される接着界面は歯髄液、唾液などの水分による影響を受けにくく、優れた耐久性を発現すると考えられています。

※参考文献
Y.Yoshida, K.Nagakane, R.Fukuda, Y.Nakayama, M.Okazaki, H.Shintani, S.Inoue, Y.Tagawa, K.Suzuki, J. DE Munck, and B.Van Meerbeek, Comparative Study on Adhesive Performance of Functional Monomers, J Dent Res 83(6); 454-458, 2004

歯質接着性(引張接着強さ:MPa)

※クラレノリタケデンタル(株)測定のデータ:条件などにより数値は異なります。

各種修復材料への接着性(引張接着強さ:MPa)

※クラレノリタケデンタル(株)測定のデータ:条件などにより数値は異なります。

口腔内リペアーにも対応
口腔内リペアーにも対応のイメージ

本製品のプライマーは『クリアフィル® ポーセレンボンドアクティベーター』との等量混和により「光重合型の歯科充塡用コンポジットレジンによる前装冠等の歯冠修復材料の補修」及び「陶材、ハイブリッドセラミックス、コンポジットレジンにより作製された歯冠修復物の表面処理」に使用できます。