スマートフォン版サイト
価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪
次世代提案型システム DOOR

特長

紹介ムービー
TrinityCore Proがクリニカルデータをダイレクトに加工!

トリニティコア プロは、クリニカルデータ(検査情報、X線画像、処理情報、口腔内写真等)を一元管理し、説明用画像から見積書まで、さまざまなカタチに素早く加工します。
グラフィカルな表現でスピーディーに患者さんへ表示することで、治療への理解と共感をスムーズに得ることができます。

シームレスな接続環境で、「段取り力」を強力にサポート!

トリニティコア プロは、「口腔内情報印刷」「説明用テンプレートへの自動貼付け」をはじめとする機能を搭載しているので、治療説明書を効率的に作成することができます。
インフォームド・コンセントの準備にかかる手間や時間を大幅にカットでき、患者さん一人ひとりとのコミュニケーションを深める環境を提供します。

INOUT

  • 歯周検査(DOC-5)

    歯周検査の画面
  • 口腔内診査

    口腔内診査の画面
  • パノラマ撮影(i-Dixel/i-VIEW)

    パノラマ撮影の画面
    DOC-5・i-Dixel/i-VIEWとのシームレスなデータ連携!
[画像][コメント]自動セット

OUTPUT

インフォームド・コンセントを幅広くサポート。

クリニカルデータを診療のあらゆる場面で効率よく効果的にご活用頂けます。

口腔情報印刷

口腔診査・歯周検査のコメントが自動的に
セットされます。

口腔診査で得られた状況や、歯周検査の結果を入力するだけで、各患者さんの口腔状態、歯周検査結果に応じたコメントを自動で挿入して説明書を作成します。

説明用テンプレートへの画像自動貼付け

テンプレートをクリックするだけで
画像が自動貼付けされます。

パノラマ撮影や歯周検査結果入力を行うだけで、瞬時に治療説明書が作成されます。治療説明を行う際、必要なテンプレートを選択するだけで、患者さんの画像や検査結果が自動で貼り付いた説明書が表示されます。

オリジナル冊子作成

複数のテンプレートを
冊子としてまとめておくことができます。

医院ごとに、複数のテンプレートをセットにしておけるので、それぞれの治療に沿った説明書の選択、作成がスムーズに行えます。また、治療の終了時、患者さんごとに過去の説明書をセットにして渡せます。

ランチャー画面

1画面で、患者毎のデータの確認と画面起動ができます。

DOORシステム上のデータが1画面に集約されて表示され、患者さんごとの情報の把握、確認が容易に出来ます。また、必要な画面の起動が簡単に行える為、患者さんへの説明もスムーズに行えます。

ペンビュアー

ペンビュアーとダイレクトに連動します。

術前・術中・術後と必要な時にすぐ撮影が可能です。ペンビュアーの電源を入れると取り込み画面が自動起動。面倒な画面切替も不要です。

治療説明

豊富なテンプレートを標準装備。X線画像、口腔内写真、イラストなどの情報をレイアウトして、オリジナルの説明書を作成できます。また、説明しながら画面に書き込むこともできます。

治療説明書のイメージ

説明書1
説明書2
説明書3
むし歯の進行について
磨きのこしチェック
補綴物一覧表

※サンプルがダウンロード(印刷可能)できます。

画像配置

「i-Dixel/i-VIEW」で撮影したX線画像、ペンビュアー、デジタルカメラで撮った画像を、さまざまなレイアウトで履歴管理。また、デジタルカメラによる画像は撮影と同時に自動で配置も可能です。

口腔状態

患者さんの口腔状態をイラストで分かりやすく表現。実際の撮影画像との比較もできます。また、「DOC-5」のカルテ情報とも双方向でつながります。

DOC-5の画面

DOC-5

拡大 Chirpy Ⅲの画面

Chirpy Ⅲ

拡大

治療計画

治療後の口腔状態をイラストで再現。患者さんに分かりやすく説明しながら治療計画を立てることができます。また、見積書も自動的に作成されます。

歯周検査

「Chirpy」を用いて入力した歯周検査結果を、グラフィカルに表示できます。また、「DOC-5」のカルテ情報と合わせて連動できます。

トリニティコア プロの画面

トリニティコア プロ

拡大 ↕
Perio3D Viewの画面

Perio3D View

拡大
DOC-5の画面

DOC-5

拡大 ↕
Chirpy Ⅲの画面

Chirpy Ⅲ

拡大
モリタ オンラインサービス DOOR Link