スマートフォン版サイト
価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ

Q & A

Q & A

Qセラビアン®ZR エクスターナルステインとの違いは何ですか?
Aセラビアン®ZR FCペーストステインは同じ色調名でもフルジルコニアに最適化した色調(高い透光性)となっております。
Qボトル内で液が分離しているのですが、使用しても問題ないですか?
A問題ございません。気泡が入らないよう、ボトル内のペーストを攪拌してから使用ください。
Qリキッドは何を使用すればよいですか?
AESリキッドを使用してください。
Qペーストが固いと感じた場合はどうすればよいですか?
AESリキッドで適宜調整ください。
Qペーストが緩いと感じた場合はどうすればよいですか?
Aボトル底部側のペーストを使用してください。
Qセラビアン®ZR エクスターナルステインを混ぜて使用できますか?
A混合使用はできません。
Q焼成後のセラビアン®ZR FCペーストステイン上にエクスターナルステインを使用できますか?
A使用できません(総合マニュアル使用上の注意を参照ください)。
Qセラビアン®ZR FCペーストステインを内部ステインとして使用することはできますか?
A気泡などの原因となりますので、使用できません。
Qグレーズとクリアグレーズの違いは何ですか?
Aグレーズはセラビアン®ZR のEグレーズに近似した透光性(T1相当)となり、クリアグレーズはそれよりもさらに高い透光性(Tx相当)を持っております。
Qグレーズは薄く塗布してもツヤは出ますか?
Aフルジルコニアクラウンの場合、30µm以上の厚みの塗布をお願いします。
Qグレーズ(クリア含む)が焼成後白濁する場合はどうすればよいですか?
A焼成スケジュールが「メーカー指定通り」であることを確認してください。特に、500℃-600℃は大気中で昇温し、600℃以上最高温度までが減圧昇温です。
Qグレーズ(クリアグレーズ含む)に白いボツボツが出る場合はどうすればよいですか?
Aサンドブラストのアルミナ粒子が残留している場合があるため、ジルコニア調整には目の粗いバーを避け、目の細かいバー、又はダイヤ含有シリコンポイントを使用してください。
Qセラビアン®ZR FCペーストステインをフルジルコニアクラウンに使用する場合、どうすればツヤを出すことができますか?
Aフルジルコニアクラウンの場合、30µm以上の厚みの塗布をお願いします。
Q気泡発生に注意するタイミングはありますか?
A焼成スケジュール、ペースト中への気泡残留にご注意ください。
Q陶材のセラビアン®ZR 、セラビアン®ZR プレスLFの表面ステインとして使用したいのですが、それぞれ何℃で焼成すればよいですか?
Aセラビアン®ZR :910℃、セラビアン®ZR プレスLF:840℃で焼成ください。
Q研磨面に塗布することは可能ですか?
A可能です。