スマートフォン版サイト
価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪

特長 Multi-color System

One Body System ワンボディシステム ~単層で製作するシンプルなシステム~

マルチカラーシステムの特徴

1

プレオペークは、オペークよりもリテンションビーズ下部に流し込みやすい性状と高い硬化深度を有しています。そのため、後に塗布するオペークの塗布回数を減らせるとともに、オペーク操作全体の時間短縮が可能です。

プレオペーク

プレオペーク

オペークの硬化深度

●弊社測定のデータ:条件等により数値は異なります。

測定条件:
試験片φ4×2mm,「アルファライトRV」((株)モリタ東京製作所)、「セシードRN」(プレオペーク):10秒、「セシードRN」(オペークA3O)・「エプリコードR」(オペークOA3):30秒、マイクロメーター(A50)

2

ボディは良好な形態保持性と適度なぬれ性を有しています。また、エナメルおよびトランスルーセントは、ボディと馴染みやすく薄く伸しやすい性状です。そのため、操作時の気泡の混入を抑えられます。

ボディ エナメル トランスルーセント

3

ボディレンジに光拡散性を付与したことで、策盛の厚みによる色調への影響を受けにくく、より質の高い色調表現が可能です。

ボディレンジに光拡散性を付与したことで、策盛の厚みによる色調への影響を受けにくく、より質の高い色調表現が可能です

写真提供:株式会社カスプデンタルサプライ 山田和伸先生