スマートフォン版サイト

特長

Features

大臼歯CAD/CAM冠修復に対応した
高強度タイプのブロック

「特定医療保険材料058 CAD/CAM冠用材料(Ⅱ)」に適合した大臼歯用のCAD/CAM冠用ブロックです。保険適用には条件があります。ご確認の上、ご使用ください。

※日本歯科材料協同工業組合規格「CAD/CAM冠用歯科切削加工用レジン材料」JDMAS 245のタイプ2に適合し、製品パッケージに規格適合を示すシールが貼付されています。

カタナ アベンシア P ブロックの製品イメージ

優れた曲げ強度に加えて、たわみにくい材料特性

クラレノリタケデンタル(株)独自の製造法により、特性の異なる数種類のフィラーを高密度に配合。優れた曲げ強度に加えて、高い曲げ弾性率を有することで、大臼歯における咬合圧に対してもたわみにくく、優れた耐久性が期待されます。

37℃、水中浸漬7日後

曲げ強度:265MPa

測定条件 : JDMAS245:2017(データ測定:クラレノリタケデンタル株式会社)

37℃、水中浸漬7日後

曲げ弾性率:18GPa

測定条件 : 試験片サイズ14.0×4.0×1.2mm、37℃、1週間水中保管

オートグラフAG-Ⅰ 100kN(C39島津製作所 ロードセル10kN使用)
スパン12mm、3点曲げ、クロスヘッドスピード1.0mm/min
(データ測定:クラレノリタケデンタル株式会社)

機械的特性は条件により数値が異なることがあります。

支台歯形態と形成量

支台形態と形成量のイメージ

●適切な厚みを確保する
●マージンラインは
 ディープシャンファーとする

支台形態と形成量のイメージ2

●鋭角な部分のない丸みのある形態にする
●十分な保持が得られる軸面形成とする
●フィニッシングラインはスムーズに仕上げる

参考:(公社)日本補綴歯科学会「保険診療におけるCAD/CAM冠の診療指針」