スマートフォン版サイト
価格はコチラ(ログイン必要) お問い合わせ
≫
≪

デジタルソリューション

Digital solution

精密なインプラント‐アバットメント構造

精密なインプラント‐アバットメント構造

アバットメントスクリューはSPI®インプラントシステムの最も重要なコンポーネントです。
インプラント体とアバットメントは、精密なインターナルヘックスとエクスターナル補強リングを付与したダブルロックコネクションになっています。
この構造により軸外からの応力を、エクスターナル補強リングが受け止めます。
その結果、アバットメントスクリューを小さくすることに成功しました。
アバットメントスクリューが小さくなると、インプラント体とアバットメントの側壁を肉厚にすることが可能になりました。
またスクリュー固定のためのアクセスホールが小さくなり、審美性と強度の高い上部構造の作製が可能になります。

5μm以下のマイクロギャップ
5μm以下のマイクロギャップ

SPI®インプラントシステムのアバットメント辺縁部には1°のテーパーが付与されています。(図1)
インプラント体とアバットメントは辺縁部に最も強い圧力をかけて接触させることになります。(図2)さらにアバットメントスクリューでアバットメントとインプラント体を締め付けることにより、高い封鎖性を実現します。
インプラント周囲炎のリスクを軽減するため、バクテリアの温床となるギャップを5μm以下に抑えるよう設計されています。(図3)

  • SPI®システムのインプラント
    SPI®システムのインプラント(図1)
  • テーパーの違いによる圧力の分布図
    有限要素法(FEM)分析を用いたデザインによる5μm以下のマイクロギャップ(図2)

  • アバットメント辺縁部に1°のテーパーを付与することによって、インプラント体とアバットメントは辺縁部に最も強い圧力で接触。
    さらにアバットメントスクリューでインプラント体とアバットメントを締め付けることにより、ミクロン単位の凹凸を避け、高い封鎖性を実現。(図3)

精密な回転防止機構

精密な回転防止機構

最大誤差1.8°から2.3°の精度で製造されるインプラント体とアバットメントの接合部の緊密性が高い安定性を実現しています。また、アバットメントスクリューのヘッドは、封鎖性の高いコニカル形態なのでスクリューを緩みにくくします。

SPI®インプラントシステムの内部構造

6.5mmのショートインプラントをラインナップ

6.5mmのショートインプラントをラインナップ

5周のスレッドとセルフタップにより
骨量が少ない症例にも適用が可能です。

デジタルソリューション

デジタルソリューション

トーメン スキャンアバットメントにより光学印象採得が可能に。
CAD/CAMによる上部構造物の作製ができます。

3Shape社製【TRIOS3®オーラルスキャナー】でスキャンアバットメントをスキャンすることによりカタナ®CAD/CAMシステム等のCADソフトウェアを用いてアバットメントや3Dプリンター模型の設計が可能になります。

3Shape社製【TRIOS3®オーラルスキャナー】でスキャンアバットメントをスキャンすることによりカタナ®CAD/CAMシステム等のCADソフトウェアを用いてアバットメントや3Dプリンター模型の設計が可能になります。

※SPI®インプラントシステムは3Shape・Exocad・DentalWings社製のCADソフトに対応しております。

※SPI®インプラントシステムのライブラリーデータはTHOMMEN medical社HPよりダウンロードいただけます。

※3Shape・Exocad・DentalWings社製のソフトに関してはご使用になるソフトのご購入メーカーにご確認ください。